2012年04月03日

捏造史學

「今の歴史家の口癖の一つに、古事記は大和朝廷がその權威を確立しようと、適當に捏造し、或は古事を粉飾したものだ、といふのがある」

「よく聞く話だよね。しかし大事なことは、何が捏造で、何が粉飾かだらう。歴史家はどんな資料も疑ってかからなければならない」

「ところが、今の歴史家が言ふのは、歴代天皇のうち、實在性に疑ひがないのは十五代の應神天皇ぐらゐから後で、それ以前の天皇はほとんど怪しげなものと決めてかかってゐる。

 その理由は、やれ殆ど事績らしい事績がなく、地名の起源みたいな話ばかりだとか、御名が後世の天皇のそれに似てゐるとか、年齡が異樣に長いとか、理由にもならないものばかりだ。

 もし誰かが自分で作った會社に箔をつけるつもりでウソを放くなら、そんなヘマはやらない。もう少し普通に考へて有り得さうな話にする筈だ。さもなければ、詐欺に騙される奴なんかゐない。

 七世紀の日本はもう佛教や儒教が入り、官僚も支那の正史などよく知ってゐたのだから、もし史實を捏造するなら、少なくとも人代の部分はもっとリアルに書いただらう。

 しかし實際には、例へば、神武天皇の御壽命が137歳とか127歳、第十代の崇神天皇の御壽命がおよそ120歳とされる。これは七世紀の天武天皇が五十代、舒明天皇が四十歳代、齋明天皇が六十代、天智天皇が四十代で崩御されたのに比べ、長すぎる。

 確かに書紀などは記述が漢文風に粉飾され、事實も整除されたり、誤りと思はれる部分の補正も爲されただらう。しかし記紀ともに、初めから架空のものが捏造されたとは思はれない。

 特に古事記は文字に記された記録を一度口誦し、讀み習はしてから再録してゐる。もしオリジナルの資料そのものが僞造であるなら、そんなことをしてみても始まるまい」




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

一服

「人類が誕生してから二十萬年以上も經つと言はれるが、文字が出來たのはせいぜいが三四千年ほど前。

 つまり人類の歴史を午前0時からの24時間に縮尺すると、文字が出來たのは午後11時40分過ぎ、まだ20分しか經ってゐない。

 ましてこの日本で文字を使ひ初めてからは數分だ。古事記は文字の使用直後に書かれたと言ってよい」

「しかし、その數分が大きかった。今更元に戻る譯には行かないだらう」

「元に戻ることは出來ないが、まだ文字を使ふ前の心が化石のやうに殘ってゐる。文字を使ふやうになってから生活は隨分と便利になったが、我々のバームクーヘンの芯の方は變はってゐない」

「そら、さうかも知れない。しかし現代の生活はバームクーヘンの外側一枚だけでほぼ成り立ってゐる。特に晝間はね。

 例へば、リカーショップに電話で注文する。ワインの何々と何々をそれぞれ何本づつと言ったって、結局向かうはメモするんだらう。だったら最初からFAXで送っちまった方が間違ひがない」

「確かに。今はスーパーなどで買物する方が簡單だし、もっと手っ取り早くFAXで宅配を頼むといふ手もある。

 しかし一方では魚屋や八百屋の店先で無駄話を樂しみながら買物をする。かういふ人も少なくはない。やはり我々の日常生活も便利さばかりでは味氣ないといふことがあるんだ」




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

雲古

「同じ物事を傅へるにも、文字で傅へるのと口頭で傅へるのはよほど違ってゐる。例へば、人の葬式を弔ふのに、ただ弔電を打つのと、直き直きに行くのとでは、弔ふ方も、弔はれる方も、まるで違ふだらう」

「ただ、文字で傅へる方が、そりゃ氣持ちは傅はらないかも知れないけど、ある意味、正確な情報は傅はると思ふよ」

「そらさうだ。學校にはわざわざ黒板があるよね。あれは文字や圖を書く爲だ。文字も圖を簡略化したものといって可い。數學や物理のみならず、文字を扱ふ國語や道コ、倫理社會などまで、黒板なしの授業は無いだらう。

 かういふのは文字の便利なところだ。しかし、だからこそ、文字になく、言にだけあるものが失はれて行く」

「例へば、今は温水洗滌便座なるものがある。昔はいちいち厠へ行って冷たい水で禊しなけりゃならないし、川のないところぢゃ不潔になって痔を患ふこともあったが、今は温い湯で洗ひ、温風で乾かすから紙さへ要らない。雲古は一生見ずに過ごすことも出來るやうになった」



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする