2017年01月14日

花火 八

 翌朝、靜が町から歸るとカツはまだ寢てゐた。まだ何も食べてゐないやうだ。苦しさうではないが、蒲團を被ったまま、小さな寢息を立ててゐる。
  
 晝過ぎに來た仙藤醫師は、心配ない、起きるまでは何も食べない方がいいと言ひ、榮養注射を一本打って歸った。猫達もときどき出て來て、心配さうに蒲團を覗いたりした。

 あぁ厭だ。このまま起きなかったらどうしよう。小學生と猫だけで暮らして行くことは出來ない。この世はさういふ仕組みになってゐない。とはいへ、母親のタケと離れ、この町から遠くへ行くことも出來ない。

 自分だけ養護院へ行くにしても猫達をどうしようか。母親のノラ子だけは昔取った杵柄で何とか生きられるかも知れないが、生まれてこの方野良を知らない子どもたちは?きっとこの家も狐や狸に占領されてしまふだらう。圖體がでかいだけでは生きて行けない。ねぇ、お前たち。

「いやいや、さうでもニャー。追ひ込まれれば何とかなる。人間は、いや猫は思ったより強いものさ」

「さうだニャ。自分が駄目だと思ったときが駄目な時なのさ。心配してゐる間はなんとかなる。いや、なんとかしてくれなきゃ困る。ねぇ、神樣」

「おやおや、困ったときの…」

 わかったわかった。お前たちはあたしがなんとかする。でもその前にカツちゃんをなんとかしなきゃ。お前たちもよくお祈りするんだよ。囘蟲よ出てけーって。

posted by ゆふづつ at 19:12| ノンカテゴリー | 更新情報をチェックする