2017年01月07日

花火 七

 翌日、靜が歸るとカツは寢込んでゐた。これまでも寢込んだことはあったが、まだ晝の内から寢込むのは初めてだった

 靜かな寢息を立ててゐる。額に手を當ててみると、少し熱があるのか、靜の手より温かい

 大丈夫かな。靜は胸騒ぎを覺えながらお勝手で粥を炊き、猫の世話をした。時々寢間へ戻るが、カツはじっと動かない。布團をかけた軀がまるで人形棺のやうに不氣味な形をしてゐた

 そのうち、町の女醫師がやって來た
「おや、もう歸ったの。いいところへ來た。お姉さんはお腹の蟲が暴れてね。少し樣子見といふところよ。本人はいいと言ったけど、しばらく動けないと思ふ。親兄弟には知らせたの?あんた一人ぢゃどうにもならないはよ」

「知らせるところなんかありやせん。親兄弟もないですから」

 仙藤醫師はカツを診終へると、
「眠ってゐるときは御飯を上げなくていい。今のところ安心だけど、何しろ相手は蟲。急に暴れるかも知れない。そのときは電話してね。夜中でも好いから。あなたもお粥を食べたら早めにお休みなさい」
 
 さう言って返った。

 何だ、詰まらない。お腹の蟲が騷ぐなんて。きっとかっちゃんなら平氣。あたしだって蟲下しで治したんだから。

posted by ゆふづつ at 19:44| ノンカテゴリー | 更新情報をチェックする