2016年11月02日

花火 三

 かつさんはまだ結婚するおつもりもないのかね

 さあね そりゃぁ もう年だから焦ってるけど 本心は言へない

 さういふ存在な物言ひはお止め お前にとっては恩人だろ 人の倫を忘れたら

 ごめんなさい 堪忍 いつも兄弟だと思ってゐるものだから

 甘えたらだめだ かつさんが結婚なさったあとのことは わたしもよく考へてゐる

 大丈夫 悲田院へ行く

 そんな悲しいところに行かないでも いろいろとあるさ

 悲しかないよ 養護院と言ふの そこが駄目でも聖田があるし

 あの人はきついよ 養女のいとさんといふのがあるのに 仲が惡くて聖田に來たんだ お前をあそこにやる譯には行かない

 さうでもなかった もう年だから軀も言ふことをきかないし

 お前 逢ったのかい

 うん 夏休みに かっちゃんが木曽に一晩出張したとき

 手囘しがいいね あきれた子だよ 養女にしてくれとでも頼んだのか



posted by ゆふづつ at 23:30| ノンカテゴリー | 更新情報をチェックする