2012年07月31日

ミニ世界

「つまり。我々の常識に從へば、最も素朴な二元論になるといふことだ。つまり、魂と世と、この二つの言葉が表すものが存在するのであり、両者は非常に密接な關係を持ちながら、なほ別個のものである、と。

 これをデカルト風に言ふなら、吾思ふ、ゆゑに吾あり、といふ場合の吾が魂であり、思ふ客體が世といふことになるのかな」

「知らん。しかし、世といふものは、普通、現代人が考へる物質、つまり人間が存在する以前から存在する客觀的物質世界より、遥かに我々に近いものだといふことは注意すべきだ」

「もう少し分かりやすく説明してくれるかな?」

「例へば、歴史といふもの。これは最近は色々な考古學的な手段で、繩文時代の人はこんなものを喰ってゐたとか、纒向遺跡は、三國志の言ふ邪馬壹國の時代にほぼ重なってゐたとか、色々なことが分かって來たが、我々が歴史の全貌を觀る事は出來ない。これは誰も認めざるを得ない。

 しかし、このことは一人歴史のみではない。例へば、今、目の前にゐるあんたのことも、例へばその胃袋の中に何が入ってゐるのか、あんたが本當は何を考へてゐるのか、それも分からない。翻って考へて見ると、俺も、この俺自身を自由にコントロール出來ないことをよく知ってゐる。

 そして、このことは、我々がいくら努力しても、本質的にはどうしやうもない。つまり、我々の見ることの出來る“世”は、いはゆる客觀的に假定される宇宙より、遥かに小さいといふことなのだ」




posted by ゆふづつ at 00:00| ノンカテゴリー | 更新情報をチェックする