2012年06月30日

呪縛

「要は國家といふか公の權力はなるべく國民の自由を規制すべきぢゃないといふことで、それは近代的に言ふと自由主義、リベラリズムといふことぢゃないか」

「いはばその自由主義といふのは、我が國の上古からの傅統であり、江戸時代にはすでに欧羅巴以上に達成されてゐたといふことは、殘念ながら今では忘れられてゐる」

「さうでもないんぢゃないか。確かに學校の教育なんかぢゃ、江戸時代は士農工商のひどい身分社會で、武士は斬り捨て御免の特權を持ち、庶民は氏姓はもちろん苗字さへ名乘ることが出來なかったとか、ろくでもない時代のやうに教へられてゐることが多いけど、もっと自由な言論では江戸時代が見直されてゐる」

「いつの時代も、國民の四五割は成熟してをり、八割はまぁそこそこ常識を辨へてゐるが、殘りは烏滸しな連中で占められてゐる。

 日本は國民國家と言はれる國の中でもこの割合は格段に高いのだが、今はまだ戰後が終ってゐない。日本はどうしてもアメリカによって解放された國であるといふ建前のやうなものが、特に知識人の間に殘ってゐるものだから、この呪縛が終はるのは、昭和二三十年代生まれがほぼ絶滅する迄、あと三十年はかかるのぢゃないか?」


posted by ゆふづつ at 00:00| ノンカテゴリー | 更新情報をチェックする