2012年03月31日

ラバコン

「どーだ、って開き直られてもねぇ。お前さんがバームクーヘンみたいなのは分かったけれど、だからどーなんだといふのが正直なところ。

 そのベーコン卷だっけ?その帶をお姫樣よろしくコマ囘しに解いて行ったら、神話といふ辣韮の芯みたいなのが出て來て、結局何だか正體が分からないって落ちになるんぢゃないかねぇ」

「ベーコン卷ぢゃねぇよ。バウムクーヘンだろ。人を木の年輪扱ひしたのはそっちだらうが。

 けど、神話が何だか譯の分からないものだといふのも、また現代の神話だ。神話は古事記を見ろよ。非常にビジュアルで曖昧さは微塵もない。ただ言葉が古いから中々ピンと來ないのは仕方がない。しかし現代人はその上に色々な解釋をつけ加へるから、餘計に譯の分からないものになる。

 それと、もう一つ。神話はもともと言葉で語り傅へられて來たものを、當時はテープレコーダーなど無いから、文字で書き寫し、從ってまた元の口承がきれいに忘れ去られてしまったといふことだ。

 今、例へばあんたの話を文字に起こし、あんたが死んだあとでその活字を讀んだとする。あんたと逢ったことも無い人間が、あんたのその口ぶり、アクセント、語りの表情などを想像することが出來るだらうか。それは古今亭志ん朝の落語をラテン語に譯し、それをイタリア人に讀ませるやうなものぢゃないか」






【関連する記事】
posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする