2011年11月30日

大法螺

今から百年程前迄、この宇宙に始まりがあるといふことを信じてゐた科學者はゐなかった。今は常識のやうになってゐるビッグバン假説も、揶揄の對象にこそなれ、多くの學者からは相手にもされなかった。

 それが20世紀半ばを過ぎると、徐々に宇宙理論として標準化して來た。ビッグバン理論の最も有力な證據と目される宇宙マイクロ波背景放射といふものが實際に観測されるなど、観測技術の進歩が舊來の定常宇宙論を否定してしまった。

 ただ、ビッグバン理論にも克服すべき課題は多いらしい。例へば、ビッグバンは今から137億年後に起こり、宇宙は爆発的に成長しつつ、小さな天體が次第に大きな天體を創り出したと言はれる。が、ヒミコといふ名の巨大天體が、今から129億年も前に放った光が、今頃になって地球に届いてゐる。

 ヒミコの大きさは我々の銀河系の半分を超える。宇宙誕生からわづか8億歳の古代宇宙に於いては巨大過ぎる存在だと言はれる。或は本物の卑彌呼が九洲の一女酋國であったのに、大八洲の主要部を束ねるヤマトの國と名乘ったやうに、何かの幻覺であればよいのだが。

 いづれにせよ、現代の宇宙理論は、地球上に住む我々の日常經驗を遙かに超えた世界像に擴散してゐる。たかが千數百年ほど前の地震さへ忘れてゐた我々に、創世神話を笑ふだけの餘裕はない。




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする