2011年05月31日

葉隱 十

 午後はミウジアム内の勤務。但し相勤は近藤兼子といふ、やはり二十代半ばぐらゐの人。ここも一時間交代で捥りと、監視役に就く。涼しいのは好いが、監視カメラが最低三箇所は附いてゐるやうで、氣が拔けないのが辛い。

 今日は客のゐない時間の方が長く、もうすっかり觀盡くしたU字型の展示場内をぐるぐると囘る。こんな樂な仕事もないが、一分間で十何圓にしかならないと思ふと足が怠くなる。

 さういへば、四月の初めから勤めてゐた臨時職員は、六月に三萬圓ほどの調整手當といふものが出たさうだ。さうなると、七月から勤め出した中村は、十二月に六萬ほど貰へるだらうか。さう思へば足も少し輕やかになる。

 やうやう長い一時間を終へ、受附に囘った。交替の近藤に、「今日は靜かですね」と話しかけると、
「今度の土曜日曜は夏休み最後で屹度混むんですから、今日の當りで好かったですね」
 と笑った。この近藤は老舗の御菓子司の娘で、如何にもそんな家の御孃さんぽい感じ。センタアなどに勤めるのは婿探しの爲だらうか。




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする