2011年01月31日

小野 九

 ここは四月の始め、オウプンの頃に皆で來たのに、當の福子と會ふことが出來ず、しかも案外な混み具合だったので、見物は再の機會に延ばすことにした。しかし今日も亦、一層の人出で、入場券賣場には四五人が竝んでゐた。

 石疊の道を傅ひ、園内を歩いて見る。建物も造園も立派なものだが、思ったよりは狹い感じがする。南に及川丘陵を望み、この邊りに小學校があった筈だがと見囘すと、左の傍らに石のモヌメントのやうなものがあった。「由水小學校跡地」と刻まれてゐるが、何の説明もない。

 ここもまた靜かな時が流れてゐる。鐵は或は何かが自分をここまで引いて來たのではないかと思った。遙か上空で鳶のピイといふ啼き聲が響いた。烏が二羽、鳶と弧を描いてゐる。空は拔けるやうな青さだ。

 突き當りの土手に川が流れてゐる。砂利の上に水を流す鑓水を本物の由水川に眞似て作ってゐる。現に河縁を散策する親子連れのやうなのもゐる。南側も岡のつもりだらう。人の背よりも高くなってゐる。川上はと見ると二人、中年の男が屈み込んでゐた。
posted by ゆふづつ at 21:56| 日記 | 更新情報をチェックする