2010年11月30日

まど 八

 蕎麥屋は右手の方にあった。驚いたのは、博物館の邊りにあった小學校が、さらにその東側に移ってゐたことだ。鐵筋の立派な校舎が建ってゐる。
「この小學校は」
「由水小學校ですよ。もう二十年も前に建て直しになったのですが、今は生徒數も増え、全部がこちらへ移轉してしまひました。しかし木造の舊校舎はセンタア内にそのまま保存されてゐるんですよ」

「それは懷かしいですねぇ。學校はやっぱりあの歩くとギスギス云ふ音と床磨きの匂ひがありませんと」
「これは嬉しいことを仰る。センタア内には江戸時代の御堂を再現した作り物もありますが、舊村上家の養蠶農家なども補修展示されてゐます。この農家を含む敷地は上田藤三郎が市に無償で提供してくれました」

 上田藤三郎。記憶に殘るその名の持ち主を思ひ出さうと空を見上げると、
「由水下の上田邸だよ」
 と田ノ岡が助け舟を出した。三十年以上も前の思ひ出が一氣に噴き出して來た。ちゃうど妻敏子との婚約時代に職務上の關はりがあり、笠掛時代にも印象に殘る出來事だった。

 しかも、坂前が笠掛を離れたあと、一家を襲った悲劇はテレビのニウスにも流れた。當時は田ノ岡も本部へ移動してをり、その不可思議な出來事は週刊誌などで讀む他はなかったのだが。

posted by ゆふづつ at 21:00| 日記 | 更新情報をチェックする