2010年10月31日

茜雲 四

 郷土祭の當日、藤三郎は前日から伊豆の葬式へ出、當日も夕刻までは戻らないらしい。亡くなったのは中學時代の恩師だから、實に間の惡い時機に當った。殘りの四人は早い晝食を濟ませ、まづは一時集合の義士廻りを觀る豫定だった。

 教頭から人員の選抜や作戰を一任された鐵は、むろん優勝を狙ってゐる。優勝の小學校は、翌年度も郷土祭の會場に當てられる他、チイム全員に用高圓の使用券等の景品が貰へる。これに勝つと負けるとでは、殘り五ヶ月の小學校生活も大違ひなのだ。

 ただ、他のチイムの出場メンバーなど調べやうもないから、勝算も取らぬ狸の皮算用に過ぎない。鐵としては足の速いのを選ぶだらう他チームの裏を掻き、小囘りの利く優れ者ばかりを選んでゐた。校内グランドを一周する一年生は大差がつかないと見、まづは轉倒の虞れ等のない落ち着いたのを選び、また外周八百米程を走る二年生以上は特に後半に強い大丈夫ばかり選んだ。

 各ランナーには、前半は餘力を持って走り、なるべく先を讓るやう指示してゐた。鐵が美味しいところを戴かうといふ魂膽もあるが、今のところは露見してゐない。コオスも單純さうに見えて、案外に深さうである。まづ校門を出て笠掛街道から西の道に出る時、ほぼ直角に曲がらなければならず、走り方によっては二三秒のタイムが稼げ、また無駄なエネルギーを使はずに濟む。

 特に東側の野原はカーブや凸凹が多く、十五人が重なって走れば、まづは足を滑らす頓馬が出る公算が高い。鐵のチイムからは怪我人が出ぬやう、この數日の放課後はコオスの實走に励んで來た。これでも勝てなければ、この六人に明るい未來は無い。

posted by ゆふづつ at 22:14| 日記 | 更新情報をチェックする