2010年08月31日

聖田 竟

 奥津城を一廻りし、下へ降りると、サヨサとその父親の墓がある。墓と言っても、澤庵石の少し大き目のやうなのが二っつ竝んでゐるだけ。山の上からの清流が輕やかな音を立て、邊りを櫻の木が覆ってゐる。

 四人、座り込んでゐると、川下から黄色い聲がする。寺の住持亀吉の娘二人だ。ふっこより一つ下の寛子と三つ下の行子。母親の喜美子はマヨサの従妹に當る。その爲か二人とも丸々して、小さい頃の美代ちゃにも似てゐる。下のゐないふっこにはよい妹になるだらう。
「やっぱりお兄ちゃんたちだね」
 と鐵を立ててくれるのも嬉しい。

「もう表に出るのは疲れたから、先に墓參りを澄ましたところだよ。みんな元氣かい」
「元氣だよ。父ちゃは少し齒が腫れたけど」
「また般若湯を呑み過ぎたのネ」と芳江。
 美代ちゃも、「智慧が沸きすぎたかしら」と。

 など、六人で喋りながら降りて行くと、庫裏の背戸が開いた。
「やはり、お前たちだったかい」
 と、タカの薫女樣だ。
「おおばさま、またお世話になります」
 と挨拶する芳キを手で抑へ、嬉しさうに皆を見回してゐる。もう五十を過ぎるが、綺麗に梳いた銀髮が清らで、そこへお晝の陽が降り注いでゐた。

「さァ、暑いから水をお浴び。こちらの水は氷るほど冷たいよ」
 と、皆を内へ招き入れた。この庫裏は昔と變はらない。この匂ひと擦れた板敷、そこにサヨサの母ちゃが座ってゐるやうな氣がする。

posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする