2010年07月31日

しらぬひ 十二

 一時間ほどもすると表に車の音がする。ナナが吠えないから、藤サがタクシーででも歸ったのであらうか。と背戸を出て見ると、マヨサの母娘が大きな風呂敷包を下げて來る。藤サもだ。

 母娘とは先月もサヨサの命日で逢ふたばかり。また八月の盆にも來るだらうと樂しみにしてゐたが、實は東京の家に少々の改築があり、休業ついでに歸ったのだと言ふ。何のことはない、藤サは東京のサヨサの家に行ってゐたらしいのだ。

 風呂敷の中身は苞物やら着替へやら、今夜はここに泊まり、明朝は實家へ、晝には歸京するらしい。もう六年生になった美代ちゃは、毎日母親を手傳ふのであらう、雪子の三人前以上の働きはした。

 藤サの抱へてゐた風呂敷は信州土産の梅干で、この堅く漬けた梅と紫蘇で握ったお結びがサヨサの大好物だったさうだ。それを思ひ出したマヨサが久し振りに握ってみようといふことになり、それが藤サの電話になったものらしい。

 藤サも東京へ行くならさうと言ってくれればよいものを。とは言へ別に隱してゐる樣子もないし、何より清々しい母娘が詰まらぬ嫉妬など吹き飛ばして仕舞ふ。ともかくも厨は御飯を炊いたりの大童になった。

 その内に芳キとふっこ、やがて鐵も歸り、一段と賑やかになった。藤サが子供達を連れて芳江の部屋へ籠り、中から歡聲が聽こえる。まるでみんな小っちゃな昔に戻ったやうだ。

posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする