2010年05月31日

蛇の目 九

 田ノ岡と二人で島田醫院を訪れたとき、雪子は白い寢卷のやうなものを着てゐた。坂前が身分證を見せながら、「上田久代さんを、ご存知ですか」と訊ねると、雪子は寢起きらしい顏で、「はい、存じてをりますが」と應へたあと、 何かしら不吉なものを覺えたのか、こちらを窺ふやうに凝っとしてゐた。

「今日は、お逢ひになりましたか」
 田ノ岡の問ひに、雪子はへなへなと下へ蹲った。さうして右手で口を覆ひながら、「はい」と頷いた。

 父親の島田醫師によると、雪子は妊娠二十數週、安靜が必要だとのことであった。後日改めて聽取となったが、それに據ると、彼女はその日の朝、九時頃、勤務するKK株式會社の笠掛本社に顏を出した。退職願ひが五月初めに出されてゐるが、決算のキ合で延び延びになり、つひにその前日まで働いてゐた。

 退職の挨拶を濟ませたあと、その足で由水下の上田藤三郎宅へ向かった。しかし社長の上田が不在なことは承知してをり、豪雨の中をわざわざ訪問した理由については、上田の妻である久代が羽多岐高等女學校の一期後生であり、かねて訪問しようと思ってゐたのだと言ふ。

 この事実關係に間違ひはなささうであったが、町には煩い噂も流れてをり、知能犯係にも樣々なネタが持ち込まれてゐた。その多くは雪子が一服盛っただの、その強談判が心臟麻痺を起こしただの、やれ眞犯人は大貫瑶代だのとお定まりの探偵物であったが、中には藤三郎と雪子に情交關係があったとする噂まで含まれてゐた。

 いづれにせよ田ノ岡は病死と思料する旨を報告、擔當の檢事も同樣に處理した。「我々は刑事システムといふ俎板の上で料理してゐる刃物に過ぎない。お造りを食ふヤツはゐるだらうが、その刺身は胃袋の中で融けちまふだらうよ」と田ノ岡は云ふ。

posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする