2010年01月31日

野邊 七

 さぁ御馳走だぞ、ブレットダマイスに茸のコンソメ、どっちも中華風だ。と喉元まで出た臺詞を呑み込みつつ、母親には無理強ひに食はせた。娘の状態も思はしくない。熱がある上に、腹痛まで起こしてゐる。むろん食べられず、ときをり苦しさうに寢返りを打つばかりだ。

 母娘の目指す部落は、街道の直ぐ先、少し外れた森の中にあるといふ。夫の知人が農場主だといふが、終戰を境にどうなったか知れたものか。恐らくは物資も略奪され、邦人は殺されたか四散したか、いづれにせよ人の多い市街の方が安全には違ひない。

「まづは樣子を見て來よう。算段はその先だ」
「ありがたうございます。女の足でも一時間とかかりますまい。日本人の開いた農場でございますから」
 と、紙切れに地圖まで書いてくれた。

 治安の悪化に伴ひ、母娘は夫と下の子を殘し、この農場へ疎開したらしい。ところが市街戰が激化、文官には避難列車が出ることになった。母娘は奉天驛で乗り合はせ、やうやく一家揃ふことが出來たが、出發して間もなく列車が止まった。鐵道がソ聯軍の管理下に落ちたのだ。

「驛も強盜に襲はれたり、それは大變な騷ぎでございました。次の日に終戰の放送がありまして、もうみんな自棄のやうになりまして、中には氣の狂ったやうな人まで出たのです。私たちも下の子が熱を出したり、もう生きた心地も致しません」

 翌日、列車は新京へ戻されることになり、一家は知人のゐる奉天で降りた。ところがその知人が見つからず、下の子を連れて病院に向かった夫も戻らない。ともかくも親切な人のアパートを頼り、二日待ったが甲斐もない。ともかくも奉天を離れる譯にも行かず、母娘二人して戻って來たのだといふ。

 かうなれば、その農場とやらを確かめずには濟むまい。藤三郎は野草で重くなった腹を抱へながら、今度は南へ向かった。
posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする