2013年04月18日

月代 七

 こんにちは 社長さん お留守?

 はぁ いま ちょっとご自宅へ さっそく呼んで參りませう

 すまないね 今日は納品に來ただけ おいおい 品物はここに おいて ちょっと車の中で待ってゐてくれ

 そちら 新しい人?

 いや まぁ すごいだろ 男勝りの怪力だ しかし いやぁ 暑いね 社長さんは元氣?

 へぇ 相變はらずで

 その相變はらずが 怪しいね ひゃっひゃ 

 どうぞ そちらさんも 外は暑いですから

 いや 折角だから 社長さんの顏見たら 直ぐに行くから 何も構はんでくれ

 へぇ いますぐ參りますんで



posted by ゆふづつ at 00:00| ノンカテゴリー | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

月代 六

 この橋本っていふ機械卸しの會社は 社長の同級生の父親が社長なんだよ うちと同じで まぁ殿樣商賣 ほとんど營業もなしに 物を左から右に囘すだけの會社だ

 だから 計理と若い事務員の二人だけで持ってる 社長はゐてもゐなくても同じ いや むしろゐる分だけ邪魔

 はぁ そんな會社もあるんですねぇ

 あるとも 俺なんかは かう見えても 若い頃はバリバリ働いたもんだ 松本の關本って知ってるか? なんだ 知らないか?

 あの會社は 若い社長が 先代の始めた建築屋を一流にまで育て上げた

 その過程を見ながら仕事を覺えたもんだから この橋本とか うちの會社を見てると 同じ會社でも えらい違ひだと思はざるを得ない

 例へば どんなところがですか

 關本にゐた頃は ともかくも一日があっと言ふ間に過ぎた 時間がもう三四時間あったら なんてねぇ 本當に思った こんなに面白い仕事があるのかと思った

 建築の どんなお仕事をしていらしたのですか

 色々よ おれは外囘りが好きだから 營業について 見積もりもやったし 設計で 現地に行くことも多かった



posted by ゆふづつ at 00:00| ノンカテゴリー | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

月代 五

 で 娘さんは東京に預けてゐるんだって?

 はい まだ家が決まってゐないものですから

 しかし 仕事はちゃんとやってくれよ あんたの家の中のことまで口は出さないが 女だからといって 腰掛けみたいな仕事ぢゃ困る

 それは もう 

 それならいいが 早速だけど 今日は一緒に得意先を廻らう だいたいの要領を摑んでおいて 少しづつ 一人で出來るやうにするんだよ

 はい よろしくお願ひ致します

 そいぢゃ 惡いが 早速 納品だ 倉庫の入り口に積んであるの 五個口 帳簿類だから少し重いが 一人で運べるかな 車へ積んでおいてくれ わしゃ 納品書を用意するから



posted by ゆふづつ at 00:00| ノンカテゴリー | 更新情報をチェックする