2012年02月20日

常識

「つまり、かういふことかね。確かにここに美人は存在し、その美人は我々が夜寢てゐる間も美人である。但し、その美人は我々の想像を超えることは出來ない。これが常識だ、でいいんだね?

 といふことは、もっと簡單にいふと、まづ我々の心があり、次にその心の外に物質があり、その物質は我々が見、思ふ通りにのみ存在する。我々に思ひもかけない形では存在しない。これが常識だ、といふことだね?」

「まぁ、さうだ。しかし、別の言ひ方でもいいだらう。まづ、『在る』といふことは『ありありと見える』といふことと同じことなのだ。

 だから、物が『在る』といふ時は、その『在る』と言ってゐる認識者と、その人に見えているイメッヂがあり、その『物』は『イメッヂ』の通りにしか存在してゐないといふことだ。

 つまり、哲學者のやうに、物質それ自體とイメッヂを分離し、物質がイメッヂを創るのか、イメッヂが物質を創るのか、といふやうな考へ方を採らない。我々が形而上學など學ぶ前の大昔から持ってゐる普通の常識に從ふといふことだ」




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

マター

「魂と物質の違ひは私にも分かる。しかし、その二つの關係が、どうも私にはピンと來ないね」

「現代は、その二つを一つの物に變へるといふ絶妙のマジックで、學問を發展させて來たから、ちゃうど、惡も善から生まれただの、人間はもともと善だの、よく考へたら譯の分からない假定が身に染み着いちゃったんだよ。まぁそんな風にして人類はいつの間にか生物の王者に成り上がって來たものだから、今さらただの猿でしたとは言ひ難くなってゐる譯だ。

 しかし、一度捨てたものを取り戻すのは容易ではないが、それを思ひ出すぐらゐは何かの參考になるかも知れない。さういふ謙虚さをあなたも持ってゐるのかな。

 物質は魂の生む幻影に過ぎないか、或は逆に、魂は物質の生む幻影に過ぎないかは昔から哲學者を惱まして來た問題だ。しかし、このどちらも非常識な考へ方だ。

 例へば、ここにどえらい美人がゐるとする。もし、この美人が我々の腦髄の觀てゐる幻覺に過ぎないなら、我々が瞼を閉じた瞬間、その美人は消えてしまひ、ふたたび瞼を開けた途端に現れることになるが、我々の素朴な經驗は、そんな馬鹿げたことを想像する意義を認めない。

 その美人がさやうならと歸った後も、その美人の殘り香を樂しみながら生きてゐるのが我々の人生なのだ。かういふ人生を、たとひ教室の中だけにせよ捨てた人類よクソ食らへ。

 一方、その美人は、確かに我々の目に見えてゐるが、それは我々の知覺が産み出したものに過ぎず、その人が見た通りの美人かどうかは全く保障の對象外であり、のみならず、その正體を我々の知覺で確かめることは出來ない存在だと言ったら、それは悪コ賣春宿の詭辯にも劣らないだらう。

 つまり、魂と物質は確かに別々のものであるが、物質の性質は魂の内にあると同時に、その物質の内にもあると我々の常識は考へてゐる。

 我々の常識にとって、物質は我々が確認出來るより大きな廣がりを持つが、一方で、我々の想像を超えるほど大きくはないのである」

「あんたも寂しい人生を歩んで來たんだ」




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

造物主

「分かった。如何に精巧に私と同じコピー人間を創ったとしても、その人間と私は同じケを持たないと云ふことだね」

「さうだよ。そして、ケが腦によって作り出されるものではなく、自ら意識するものだと考へると、それは始まりがなく、終りもないといふことになる」

「ちょっと、その意味が分からないけどね」

「分からないだらう。では、かう考へてみたらどうだ。もしケが、ある時點に生まれたものと假定する。それは何時だったのだらうか。母親の卵核に父親の精子が到達したときだらうか。それとも、受精卵が分裂し、原始的な神經ニュロンが出來たときだらうか」

「そんなの知らないよ。いづれにせよ、ある時、突然にぽかっと生まれるといふより、初め微かなものが、徐々に大きな意識に成長して行くのではあるまいか」

「あるまいか、と言はれてもなぁ。俺はあるまいと思ってゐるのに。でも、まぁ、いいや。さうして、徐々に大きく成長したものが、やがて全ての物事を感じ、創りだして行くといふことかな?自分の頭は、かうかう、かういふ構造をしてゐて、さうして、頭をタナにぶつけると、その電氣信號が腦に達し、それが痛みを生じさせてゐるのだと、さうケが考へてゐる譯だ。

 つまり、ケは、自分自身を作り出してゐるものの正體に迄、氣附いてゐる譯だ。あんたは、母ちゃんのお腹の中から出て來た癖に、いつの間にか、自分自身が母ちゃんを生んだことに氣附いちゃった譯だ」




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。