2012年01月31日

神亊

「つまり、あんたは。大いなるものが生まれるには氣狂ひが必要だと、さう言ひたい譯かい」

「さうだよ。但し、ここで云ふ氣狂ひといふのは、ただの氣狂ひではない。いはば天のどこからか妖しく釀し出される奇しい力とでも云ふか。ともかくも、この妖しげな、人の理解を超えた力、これを昔は迦微と云った譯だが、この力がなければ、正常なものなど何ほどの力もないのだ。

 昔は頭のをかしいのを狐憑きなどと呼んだが、人に寄り憑くのは狐に限らない。いはゆる天才などといふのは何かが寄り憑いてゐるんだ。と俺は考へる。天才といふのは、意識するにせよしないにせよ、何かが寄り憑くやうな環境を良く知ってゐて、ベエトホベンは雨の日もよく散歩して、森の中などを特に好んだやうだ。

 彼は頭に浮かんだ音を手帳に寫し、それを元に大きな曲を編みあげて行った。ゴッホの繪なども、最後のオーヴェル=シュル=オワーズを歩き囘って描き上げた繪は異樣なものを漂はせてゐる。自殺者などといふのは狂氣の成れの果てのやうに云はれるが、本當に彼に降りて來たものが何なのかは誰も知らない。

 藝術ばかりぢゃない。昔は神懸りの狀態になるのをカムゴトといひ、琴を彈いて神を寄り憑かせ、樣々なお慧し亊を授かったものだ。かうしたことは文明時代になると忘れられて行き、魏志倭人等は、卑彌呼が鬼道に亊へるなどと表現してゐる。

 鬼道といふのも支那の古い時代にはあったのだらうが、魏志の三世紀にはもう野蠻な風習として忘れられてゐたやうだ。前五六世紀の孔子も鬼神を敬して遠ざけたと言はれる」



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

正勝吾勝勝速日天之忍穗耳の命

「それに。天照大御神と須佐之男の命が宇氣比をされたとき、須佐之男の命の劔から生まれたのが女の子、天照大御神の御髪の左の玉飾りから生まれたのが男の子だったので、須佐之男の命は、自分から生まれた子がか弱い女の子だったのは、自分に大それた逆心などない證憑だ、と言ひ張られた。

 その天照大御神の左の髪飾りからお生まれになったのが、正勝吾勝勝速日天之忍穗耳の命。この方の四代後の命が、神倭磐余彦の命、後に神武天皇と申し上げるお方だ。

 まぁそれは限りもなく愛でたいことだが、須佐之男の命のその後の行爲が宜しくない。勝ち誇って、天照大御神の營田の畦を毀して水を流したり、田に水を引く水路を塞いだり、大御神が大切なお食事を爲さる殿舎に糞を撒き散らしたりと、大暴れをなさった。

 ここで注意すべきは、天照大御神の左の御角髮についてゐた八尺勾瓊の首飾りを、須佐之男の命が口に入れ、齒で齧み締め、吹き出した息吹で出來上がったのが、正勝吾勝勝速日天之忍穗耳の命だったといふことだ」

「その、正勝吾勝勝速日天之忍穗耳の命といふ方。天照大御神の御子と申し上げるより、須佐之男の命との共同作業でお生まれになったやうに見えるけど?」




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

穢れ

「さうかねぇ。私たち、そんな非道いこと云ったっけ」

「確かに、世の中には非道い戀もあることは確か。いや、むしろ非道い戀の方が多い。ひょっとしたら非道くない戀は珍しいかも知れない。

 しかし、自分にダイヤが手に入らないからと言って、この世にダイヤが無いと言ひ切るのもをかしいだらう。そんな詰まらない話を、當のダイヤをたんと持ってゐる人の前でしたら、どう思はれる。赤面の至りといふ奴ではなからうか」

「そんな前振りはいいから。とっとと、理性女より氣狂ひ女に抱かれるべき理由を述べよ。もしとんちんかんなこと言ったら承知しないよ、本當にね」

「わかった。しかしまぁ落ち着いて。その理性は必ずしも氣狂ひに優るものぢゃないことを、まづ知らなければならない。あなたも知っての通り、我々がいま毎日お米の御飯を戴けるのは、あの天に輝く天照大御神のお蔭だといふことは分かるね?」

「あぁ、天に掛けても」
 
「では、その天照大御神は、黄泉の國からお歸りになった伊邪那岐の命が、川の水で穢れた左の御目を洗ったときに成り出でましたのを知ってゐるかな?」



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。