2011年10月31日

 漢字の洲も州も「中洲(なかす)」の象形である。洲は呉音でも「す」又は「しゅ」と讀める。では中洲の洲(す)は漢語かといふと、さうではない。

 倭語の「す」は水分を含まない砂土を云ふ。「すな(砂)」は砂地を意味し、そこから採れた砂礫そのものもスナと云ふ。スの方が、漢語の洲や洲より意味が廣い譯である。

 倭語の「なかす(中洲)」は「川の中にある砂土の堆積した場所」のことであるから、これは洲や洲と同じである。しかしナカスそのものは純然たる倭語であるから紛らはしい。

 かう述べて來ると、倭語には漢語など無いと言ひ張るやうに聞こえるかも知れないが、むろん漢語由來の語は無數にある。フミ(文)、ゼニ(錢)など。

 しかし倭語か漢語か分からぬものもある。例へば「セミ(蝉)」。これは呉音の「セン」の「ン」の音が倭人には發音し難かったので、ちゃうど文(フン)をフミと讀むやうに、セミと訛った可能性が高いが、セミの鳴き聲の擬聲である可能性も否定出來まい。

 漢語以外の語から入った物も偶にはある。テラ(寺)、コホリ(郡)など。なほ、今韓國などで韓國語由來の日本語と主張されるものは、もともと漢語であるものを除けば、少なくとも半分以上は倭語由來の韓國語か、偶々似てゐるか、であらう。

 高句麗や新羅、百濟は、日本やシナの史書を讀む限り、紀元前後から倭と通交してゐたので、言語の相互借用があるのは當然であらう。

 萬葉、他田舎人大嶋(をさたのとねりおほしま)の歌に、
 
 からころむ すそにとりつき 泣く子らを 置きてぞ 來(き)のや オモなしにして

 防人の歌だらう。信濃から遠く筑紫へ出で征く父に、「父ちゃん、行かないでぇ!」と、母の無い子らが取りすがって泣く。悲しい父子の別れである。その鳴き聲が耳に燒きついて離れない、といふ望郷の歌。

 この「オモ」は朝鮮語の阿母(オモ、オミ?)から來てゐるといふ説があるが、これは面(おも)と同源の言葉だらう。人が生まれて初めて認知するのが母の顏の正面であるから、母をオモと云ふか。

 朝鮮語と何らかの関聯があってもをかしくはないが、朝鮮からの借用語であると見なす根拠は無いやうである。



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

天つ罪

「剥」といふ漢字がある。音讀は「はく」又は「ほく」。刀で獸の皮を剥ぐ象形であるといふ。

 發音と意味は倭語の「はぐ」と似てゐる。前に、ハヤスサノヲの命が、忌服屋(いみはたや)の屋根に穴を空け、そこから、天斑馬を逆剥ぎにして投げ落とした話を引用したが、あの「逆剥ぎ」の「剥ぎ」である。

 逆剥ぎは動物の皮を生きたまま剥ぐことを云ふ。なぜ生きたまま剥いだかといふと、ここではスサノヲのミコトが忌服屋(いみはたや)を穢すことに意味があるからである。死んだ馬の皮を剥いでも血は流れない。

 スサノヲノミコトは、逆剥ぎ以外にも、樣々な亂行を行ひ、姉の天照大御神を苦しめる。

 阿離溝埋(あはなち・みぞうめ)。阿離は畦(あぜ)を決壞し、田の水を流してしまふこと。溝埋は用水路を阻塞し、稻を枯死させることである。

 さらに、屎戸(くそへ)。供へ物の食品を納める殿舎に糞を放(ひ)り散らすこと。

 古事記は簡明に記すが、スサノヲの命が天上で行った罪は、もっと念入りだったらしく、

 樋(ひ)放ち=今の刑法では水道損壞罪。

 頻蒔(しきまき)=人が種を蒔いた上に、さらに別の種を蒔き、栽培を妨碍すること。

 串刺し=人の田に吾田串(あたくし)を刺すこと。これによりその田を自分のものとして横領しようといふのだ。今の刑法では境界毀損罪、占有まで奪取したと見られる場合は不動産侵奪罪。

 スサノヲノミコトが犯した、これら七つの大罪は、上古の倭人が最も忌み嫌った行爲らしく、天照大御神もウタテ覺えられ、天の岩屋戸に籠ってしまはれるのである。日本の犯罪リストの始まりであり、天上で犯されたので天津罪(あまつつみ)と言ふ。



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

「死」といふ文字は、屍體のに跪く人の象形である。古來、十字架から降りるイエスなど、何と多くの「死」が描かれて來たことだらう。

 死は我々が確實に行く道の先にありながら、それを見る我々はその道の先にゐる。謎めいて、恐ろしい問題である。これについては百人に百通りの解釋があるだらうが、どれも他人を十分に説得することが難しい。

 ただ、死といふ文字は、我々がけしてこの世では自分の死を見ることが出來ないことを暗示してゐる。死の文字に見える「歹(しかばね)」はむろん我々自身のものではない。その右に跪くヒ(ひと)も我々自身ではない。我々は死を傍觀する客に過ぎない。

 倭語にも「しぬ」といふ言葉がある。この「死ぬ」といふ言葉は、「往(い)ぬ」と同じく、いはゆるナ行變格活用といふ特別の働き方をするから、おそらく「往ぬ」と「死ぬ」は同じ源なのだらう。いづれも、どこかへ消えてなくなる、といふ意味である。

 その消えてなくなる先は「よみつ國」「よみの國」といはれる。「よみ」は「夜見」の意であるといふ説がある。尤も「よみの國」の「よ」は上代特殊假名遣ひではいはゆる乙類であり、夜は甲類であるから、両者は無關係だとする説もあるが、上代の發音は未だ分からないことの方が多い。

 もし甲類と乙類の母音に明確な發音上の區別があったなら、なぜ古事記が區別してゐる「も」の甲乙を、ほとんど同時代の書紀が無視してゐるのだらうか。また奈良時代から二百年も經ずして出來た假名には、なぜ甲乙が區別されてゐないのか。その間に大きな民族移動でもあったのだらうか。

 英語もシナ語も朝鮮語も、我々より遥かに豐富な母音を持ってゐる。なぜ日本語だけが五種類に整理整頓されてしまったのだらう。

 のみならず、「顏」を「かほ」と書いたり「かを」と書いたり、今は「かお」と書くほどバラエティのある倭語が、奈良時代にだけ、なぜ特に厳格に書き分けられてゐたのだらうか。

 夜の食(を)す國を知看(しろしめ)すのは月讀(つくよみ)の命であるから、夜と黄泉(よみ)、闇(やみ)は極めて近い關係にある語である可能性は高いだらう。

 いづれにせよ、我々はこの世から暗い黄泉の國を見ることは出來さうにない。



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする