2011年07月31日

ことのは 三

 天の主の神はアブラミに曰ふた。
「お前は新しい土地へ進め。お前は大いなる民となり、幸ひを得、災ひを免れる。お前は大いに稱へられよう。これは地のあらゆる民族の幸ひの元となるのだ」

「人間が増長し、神をも恐れぬやうになった爲、神は人に分派を作り、いはば相互不信の状態を作り出した譯だらう。それを今度は、アブラミによって、ふたたび統合しようといふのかな」

「そのやうだな。もしアブラミによる統合がならぬなら、人間はバラバラのままか、或はまた増長して神に逆らふか、おそらくは前者なのだらうな。なぜなら、もし後者になった場合は、神も手に負へなくなるか、又は人間との約束を破り、再び洪水を起こすか。いづれにせよ神としての體面は無くなるだらうから」

「つまり、人間としては、今のまま他人といがみ合ったままでゐるか、または増長しない統合を選ぶか、どっちかになるのだらうな。しかし、増長しない統合などといふことがあり得るのかな」

「そんなのは知らない。もしそんなことがあると分かってゐれば、人間はもっと賢くなってゐただらう。しかし平和は少なくともその數の何倍かの戰爭を要求する。戰爭や武力による威嚇なしに平和が維持出來るといふのは、警察がゐなくなれば泥棒もゐなくなるといふのと同じだ」




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

ことのは 二

 天の主の神が、地へ降り、人の子の建てた町と塔を見つけた。神は天へ戻り、かう曰ふた。
「今に人の子らは手がつけられなくなる。地へ降り、人の子の言葉を散らし、その統合(スメラ)を解かうではないか」

 かうして、人の子の言葉は通はなくなり、互ひに背向くやうになった。力を合はせることが無くなり、町を築くのを止めた。 

「なるほど。人の増長と暴發を防ぐ爲に、色々な言語を造り、人を分裂させたといふ説明だ。しかし、言葉は民族毎に異なるだけぢゃなく、方言のやうなものがあり、また職業や身分等によっても多少は異なるだらう。細かく言へば、世界に全く同じ言葉遣ひをする人間は二人とゐないとも言へる」

「さうだとすると、人に個性があるのも、人が團結して神に逆らふのを防ぐための措置だといふことになりさうだ」

「しかし、ここはもう少し素直に考へようではないか。人は一人一人違ふものだから、所詮は神樣の方が偉いのだと。この神話はさういふことを教へてゐると考へることも出來さうだ」

「しかし、人間界はさう素直ぢゃない。どんな文明も文字や度量衡、貨幣を統一し、思想も統制しようとする。統制にはその中心になるものが必要だから、指導者、リーダー、さういふものが必要になる」

「ただ、もう一方では、人は權力を分散し、なるべく國民の自由を保障しようとする傾向もある。人類の歴史はこの両極を揺れて來た、或は両者のバランスに苦慮して來たとも言へるだらう」



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

ことのは 一

 昔、人はみな同じ言葉を話してゐた。彼らは、よい地を求め、西に移った。やがて平地を見つけ、そこに住み着いた。

 彼らは煉瓦をアスハルトで固める技術を身につけた。さうして言ふ。
「町を造り、天に届く塔を建てよう。偉大な文明を築き上げるのだ。人々がただの野蛮人で終はることのないやうに」

「人類が同じ言葉を話してゐたって?本當かな」

「同じ言葉を話すってことは、同じ文化、思考樣式を持つってことだろ。人類アフリカ起源説を採れば、考へられる説だ。しかし、本當のことは分からない」

「西に移動したってのも、よく分からないな。我々倭人はオイロシアの東の果てにゐるのだし、インデオもシベリアから陸續きだったアメリカに渡ったと考へられてゐる。西に移動したってのは、全人類の話ではなささうだ」

「しかし、町を造り、天に届く塔を建てようといふのは、すべての文明が行って來たことではないか」

「さうだな。山から平地へ下り、肥沃な川の近くで文明を築いた」

「 しかし、ピラミッドはまだ切り石や一本石によって造られてゐた。砂利やセメントを大量に利用し、巨大建築物を造り出したのは羅馬人だ」

「しかし巨大都市でただの砂利を利用してゐるのは、もうほとんど日本だけではあるまいか。日本の神社、寺院、傳統的な庭園には、よく磨かれた砂利が敷かれてゐる。玉砂利だ。砂利をベトンで固めず、そのまま敷くのは、いかにも日本人好みだ。といふことは、日本人は半文明人といふことか?」



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。