2011年06月30日

ふみ 六

 ツチが生まれたとき、女も生まれた。ツチは、女もまた、自分と同じやうに、物を考へ、物を見てゐることを知った。ツチは女をイキと呼んだ。そしてイキは男をニイと呼んだ。

「俺の名はツチぢゃないのか」
「いいえ、ニイ」
「何ぢゃ、そりゃ」

「そもそも空の上の高い處は神樣の世界。その下にある地面が私たちのツチでせう。ツチの中には海もミヅ海もあるは。でも普通は私たちの棲む地面のことをいふはね。ただ、夏、海水浴をしてゐるときは、海もツチだはよ」

「何ぢゃ、そりゃ。それで、俺がニイと呼ばれるワケは?」
「このツチには、あなただけぢゃなく、私もゐるは。だからあなたをツチと呼ぶことは、あたかもライオンとキリンのゐる動物園のライオンをミスタア動物園と呼ぶやうなものなの」

「俺の方が體積が大きい分、お前より偉いのではないか」
「その體積が増えた分、他が凹んでゐちゃ駄目でしょ。それに、そもそも名前ってのは、呼ぶ人がつけるものなの。富士山が自分を富士サンと呼んでどうするの?あなたはこの地べたを跳び囘ってゐるから、泥んこ、つまりニイよ。大地はナ、野原はノとかヌ、泥んこはネとかニイとか、言ふでしょ?山のことを高嶺とかいふあのネ。どう、惡かないでしょ?」



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

ふみ 五

 ここでツチの系圖を述べておかう。

 系圖?そんなものはどうでもよい。と、多分君は言ふだらうが、裸になって、じっくり考へて御覽。

 君の體の爲ん中。大事さうに毛で飾ってあるものは何なんだ?

 何?毛はありません。その代はりゴマはあります、って。おいおい。もう少し下。

 その立派な、いや餘り立派ではないが、その時々伸び縮みするものは・・・

 いえ、別に伸び縮みはしないけど、ときどきコリッと硬くはなりますだと?

 伸びないと餘り感動は少ないと思ふが、それでも硬くなれば十分。

 その、アレだ、その息子は何の爲にあるんだ。云っとくがオシッコをする爲だなんて云ふなよ。人間の半分はそれなしにオシッコぐらゐ出來るんだから。



posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

ふみ 四

 話は戻るが、カヒが殺されたあと、その弟が産まれた。

「それは誰の子なんだ。俺に似てないな」
「トシが殺したカヒの代はり。神樣が惠んで下さったのだは。セツといふのよ」

「惠まれたお前はよいだらうが、俺の立場はどうなるのだ」
「あなたは尊い御子の育ての父。大きな惠みを背負ったのだは。感謝しなさい」

 そのセツにも、大人になると男の子が生まれた。セツはその子をエノと呼んだ。

「お前は俺の子だ」
 とセツは云った。
「ではお前のチンチンは?」

「人の親をお前と呼ぶな。チンチン上と呼べ。俺のチンチン上はツチといふ」
「そのツチのチンチン上は?」

「分からん。それが分かるほど賢いなら、俺がぢかにお前を産んでゐる。しかし、殘念ながら、俺はトリの卵ひとつ産めぬ體だ」

「そんな譯の分からん物を拜む理由は」
「理由はない。理由が分かる程のモノなら、最初から拜む必要なんか無い」




posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。