2010年03月31日

かんな 九

 文子といふ婚約者の死はあっけないものだった。死ぬ七日ほど前、康夫の義姉に些細なことで當り散らし、庭の池の端で大聲で泣き喚いたりした。あとで分ったことだが、御腹の子が雙子の身重だった上に、かなりひどい脚氣の症状があったやうだ。

 亡くなる前の晩も、「あしたは一月の十七日。來年の明日の夜、何處で月を見るのかしら。再來年の明日の夜、十年後の明日の夜。もし月が曇ったなら、何處かで月を眺める人を思ひ出して頂戴」など、芝居がかったことを口走ったと言ふ。もともと小説だの芝居だのが好きな娘だったが、たうとう頭まで毒が囘ったかと、聞いた義姉は思ったさうだ。

 明け方、蟲に知らされた義姉が見に行くと、文子はひどい引附けに痙攣を起こしてゐた。康夫の兄が近くの病院へ走ったが、生憎と内科醫しかをらず、あちこち掛け囘って外科醫を連れて來たときは手遲れ。早産の未熟児二人は、奇跡的に命を取留めたと言ふ。

「康夫の兄貴は、初産だからと産科病院まで手配してゐたのになア」
 義姉さんが文子に、「康夫の母親は厠みたいな狭い産屋で五人の子を産んだ。だからみんな丈夫な子が出來たんだ」
 そんな話をしたことがあると、あとで悔やんでた。

「その雙子の内のお姉さん、ハルミさんといふのが湯殿へ養女に行かれたのですね」
「さうさ。渡邊は手元に置きたくても、獨り者ではどうにもならない。それで近くの知り合ひの夫婦に、初めは二人とも預けてゐた。その内に兼崎の根津の家の方が、どうしても養女にくれと言ふことになって」
 芳江だけ兼崎へ引き取られた。

 この家は久代の遠縁に當り、代々女系で藥種商を營んでゐるが、よく渡邊とも懇意にしてゐるらしい。いづれにせよ赤子二人は、其々子の無い夫婦によく懷き、康夫としても今さら引き取ることが出來なくなった、と藤三郎は言ふ。

posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

かんな 八

 その夜、鐵を隣の六疊間の布團へ寢かし附け、やうやう藤三郎の仕事が終はった。久代は先に休んでゐる。その脇の布團へ入り、
「ところで、何うだ、あの娘、何う思ふ」

「轉校、春休み明けに間に合ふのですか」
「お前さへ望むなら、それは大丈夫だ。苗字も上田にして貰へるさうだ」
「それなら一安心ですが、あの娘自身はどう思ってゐるのかしら」
「案ずるより産むが易しだ。あの娘は我々が思ふよりずっと勁いかも分からん。そんなことより、正式に上田姓になるには家庭裁判所の許可が要るさうだよ。親が病氣だと許可にならない場合があるさうだから、體の方をしっかり治しておかんと。あとはお前の氣持ち次第さ」

「あの子、姉がゐるやうなこと、言ってゐましたよ」
「姉と言っても雙子の姉さんだから、渡邊によると瓜二つださうだ。母親が亡くなったあと、姉の方は湯殿に出てゐる」
 湯殿と言へば目と鼻の先。渡邊のアバートもある隣町だ。さう言へば、湘南の兼崎まで芳江を引き取りに行ったのも渡邊であった。

「すまん、隱すつもりはないが、話が後先になった。お前、芳きの母親が渡邊と婚約してゐたのは知ってゐるよなア」
「亡くなられた御婚約者の方ですか」
 まさか、芳江の父親が渡邊だといふのか。

「渡邊が婚約したとき、もう雙子の姉妹が御腹の中にゐた。もちろん渡邊の子ぢゃないが、渡邊にすれば、それを承知で婚約するんだから、始めから籍に入れるつもりだ」

 ところが、それでは實子と養子のけぢめがつかない。取り敢へずは身重の婚約者を兄夫婦が預かり、無事に出産してから入籍することになった。そこには渡邊の兄の意思が働いてゐる。

 當時、藤三郎は大倉家の家財を東京へ賣り、その金で仕入れた物資を方々に賣り捌くやうな仕事をしてゐた。渡邊も身重の婚約者を無理に呼び寄せるより、安全な兄の家に預ける道を選んだ、と藤三郎は言ふ。

posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

かんな 七

 全員、西の部屋へ移った。テープレコーダーの音は、自分の聲だけ妙に甲高く薄っぺらに聽こえる。久代も子供のやうに囀ってゐるのが自分だと氣附き、がっかりした。

 機械は西側の棚に置かれた。よく見ると、窓の前はピアノを置くのにぴったり。さらに眺めると、部屋全體がピアノを置くために造られたやうにさへ見える。ただし、いづれピアノが置かれる筈の牀には、わざとらしくトランプまで置かれてゐる。

 藤三郎の芝居、續く。
「おや、何だ、こんなところに妙なものがあるぢゃないか」
 と五人が寄るのを待ち、
「久代は九つで角一本」
 両拳の片方、親指だけ立てて見せ、
「ぢゃ、美代ちゃは、いくつだ」
 と、上田家恆例の謎掛けが始まる。

「よっつ」
「なぜ」
「ひーふーは翔んでけ、私は、みーよー」
「ぢゃ、來年はどうなる」
「いー」

「マヨサは、いくつだ」
「拳固で十」と握り拳、ふたっつ。
「なるほど、いつも戸締り、御苦勞さ」

「さて、鐵坊は、いくつだ」
「知らん」
 しかし美代子に耳打ちされ、
「侍だから、じふいち」
「なるほど、マメの氣だな」

「ぢゃ、芳きは」
「話が始まらない、角が十本」
 と両手で萬歳。
「なるほど芳きは冗談だったか」
 大人たちの笑ひ轉ける間、切った振りをして、
「久代、エースからキングまで、數を全部足すと、いくつだっけ」
「えぇと、一、二、三」と指折り數へ、「九九が十増え、九十一になりましたよ」

「願ひましては、マヨサ、カード全部、〆て幾らなり」
 乞はれた瑶代は珠算へ、
「冗談を入れまして、ちゃうど三百六十五になりました」
 カードが配られ、ばば抜きに入るが、いきなり鐵が上がり、殘った美代子が芳江から、芳江が瑶代から、瑶代が久代から取って順に上がり、最後にばばを取った藤三郎が負けた。

posted by ゆふづつ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。